玉里小教区報9月号(予定表付き)をアップしました

2020年8月の小教区報

今月号の司祭のことば

カトリック信者は何を信じているのか
—-今から、私たちは「主は聖霊によってやどり、おとめマリアから生まれ、」に隠れた宝物を探すために出発する。

プレビュー画面

ダウンロードはこちらから

日曜日ごとの聖書

※日曜日の聖書の箇所です。外部サイトですが参考にしていただければ幸いです。

▼2020年8月9日=年間第19主日(A年)

年間第19主日:イエスはペトロに「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」と言われた。
年間第19主日(A年)の福音(マタイ14・22~33)それからすぐ、イエスは弟子たちを強いて舟に乗せ、向こう岸へ先に行かせ、その間に群衆を解散させられた。群衆を解散させてから、祈るためにひとり山にお登りになった。

▼2020年8月16日=年間第20主日(A年)

年間第20主日:異邦人の女は「小犬も食卓から落ちるパン屑はいただきます」と訴えた
年間第20主日(A年)の福音=マタイ15・21~28〔そのとき、〕イエスは、ティルスとシドンの地方に行かれた。すると、この地に生まれたカナンの女が出て来て、「主よ、ダビデの子よ、わたしを憐れんでください。娘が悪霊にひどく苦しめられています」と叫んだ。

▼2020年8月23日=年間第21主日(A年)

年間第21主日:イエスは尋ねる「あなたがたはわたしを何者だと言うのか」
年間第21主日(A年)の福音(マタイ16・13~20)イエスは、フィリポ・カイサリア地方に行ったとき、弟子たちに、「人々は、人の子のことを何者だと言っているか」とお尋ねになった。弟子たちは言った。「『洗礼者ヨハネだ』と言う人も、『エリヤだ』と言う人もいます。
タイトルとURLをコピーしました