2021年7月の小教区報

7月の司祭のことば

カトリック信者は何を信じているのか—ポンティオ・ピラトのもとで苦しみを受けⅤ

イエス様は公生活を通じて、痛い我々を治されながら福音を宣布されることを止められなかった。イエス様が最初に宣言されたのは「喜びのおしらせ」だった。私たちが救われたという事実を宣布したのだった。事実、多くの宗教が言うことは良いこと。事実、多くの宗教が言うことは良いことをすれば福を受け、悪いことをすれば罰を受けるという「賞善罰惡」を言う。「賞善罰惡」が私たちにも適用されるとしたら、私たちの中で天国に入れるのは何人だろうか?

続きはこちら

プレビュー画面

ダウンロードはこちらから

タイトルとURLをコピーしました